2018年4月1日日曜日

4月4〜19日まで渡豪してきます。



4月4日からオーストラリアに行ってくる。初めて海外に出たカナダから10年が経ち、パスポートも更新した。オーストラリアに滞在するのに必須のETASも取得した。保険も入った。久しぶりの海外にワクワクが止まらない。

行き先はゴールドコースト。彼女の友達がそこに住んでいて、チケットもちょうど安かったからという、まぁよくある理由で決めた。

さて、そんなゴールドコーストである。
運がいいのか悪いのか、コモンウェルスゲームズというオリンピック並みの大会がなんと、なんとゴールドコーストで、僕らが到着する4月4日から始まるらしい。

コモンウェルスゲームズというのは、英連邦に属する70の国と地域が4年に一度集結して競うイベントで、それは英連邦以外の日本のような国ではまったくもって知られていないわけだが、これが大層なお祭り騒ぎになるらしい。人口55万人のゴールドコーストに予想観客数は120万人だ。

ゴールドコーストの宿泊施設は普段の2倍以上に高騰していて、どこに行くにも激混みだそうだ。ついでにスポーツ観戦に二人ともほとんど興味がないのだが、チケットは変更できないし、とにかくそんな時期を満喫してきます。最初の一週間は彼女と。



彼女が帰国した後は、昨年オーストラリアで行われた同性婚の是非を問う国民投票を国民がどのように受け止めたのか。キャンペーンはどのように行われたのか。学校や教育の面でどのようにこの問題が扱われたのか。虚偽の情報の有無などを聞き取り調査を中心に調べてくる予定でいる。

オーストラリアで昨年の9月から11月にかけて郵便投票で行われた国民投票に1270万人が一票を投じ(投票率は79.5%)、その61%が賛成をしたことで同性婚が認められた。そして今年の1月から同性婚が始まっている。

すでにオランダやドイツ、カナダなど多くの国で同性婚が認められている一方、日本では世田谷区と渋谷区が同性パートナーシップを認めるにとどまっていて、LGBTなどの性的少数者が認知されてきているにも関わらず法整備が全く追いついていない状況である。

国民投票で同性婚が認められたのは2015年のアイルランドが初。オーストラリアが2カ国目だった。

______________

オーストラリアでワーキングホリデーをしていた友人からはフレーザー島を勧めてもらった。他にもオススメがあれば是非。

また、もし同性愛者のオーストラリアンが、
知り合いにいらして紹介していただけたらとても喜びます。