2018年6月13日水曜日

32歳になりました。

今年の誕生日は夜行バスでグアテマラシティからフローレスに向かう途中で迎えました。

グアテマラは治安が悪いと聞いていて、周囲に対してとても警戒していたのですが、自分に対して注意が散漫でした。

バスの中で荷物を広げて、そのまま大切なポーチをしまい忘れ、紛失していまいました。あのポーチの中には、非常用の日本円やら、カメラのレンズ、バッテリー、チャージャー、南京錠や、その他の旅に欠かせない小物が入っており、ショックが隠せません。


ありがたいことに、もう32歳になります。

一部の人にしかご報告できていませんでしたが、帰国してからは喜多見に彼女と引越し、夏には東京の小学校教員採用試験を受け、小学校の先生になる予定です。いつかは教員になりたいと思っていましたが、その時がついに来たようです。

メッセージやコメントをくださった方々、ゆっくり読ませていただき、追って返信いたします。どうもありがとうございます。


____
バス会社から「見つかった」という連絡があり、パナハッチェルで泊まったホテル エル・ソルに手配していただいて、後日送っていただけるとのこと。ご迷惑おかけいたしました。ありがとうございます。

2018年6月10日日曜日

オアハカでアートに触れる


 オアハカはアートが有名で、特に版画のアーティストが集まっているらしく、各工房が参加するスタンプラリーをして過ごし、最終日には一番気に入った、これまたメキシコで有名な画家フリーダカーロをモチーフにした版画を購入しました。新居に飾る予定です。オアハカはあと、「死者の日」の祭りでも有名で、かわいいガイコツアートも見つける度に、立ち止まってしまいました。宿泊は「日本人宿 たなばた」。オーナーのご夫婦が、とても感じの良い方で、毎日オアハカ産のコーヒーと、ボリューム満点で美味しい朝ごはんをいただきました。

市場にて

政府の教育制度改革に反対する教師らの道路占拠

教会にて

花屋にて


ガイコツアート

お買い物

靴磨き屋さん

もしもし

版画工房

ギャラリーにて

目当ての工房がまさかの休日

世界のベンチシリーズ

レンガ造り

街中にて

日本人宿で出逢った仲間と

 この後、オアハカを出て、サンクリストバルでゆっくりした後、現在はグアテマラのサンペドロ・ラ・ラグーナに来ています。今回の旅もそろそろ折り返し。

2018年6月4日月曜日

メキシコシティでタコスしてます。

 

 時差ボケでうまく眠れず、明け方から散歩、帰って来て昼寝をして、また散歩。夜は屋台のタコスと、一本60円のビールを堪能しています。彼女の勧めで、「日本人宿」と呼ばれる日本人オーナーのペンションに連日泊まらせてもらっているのですが、そのリラックス感がすごいですね。宿に帰る度に、帰国したくらいの勢いの安心感があります。美味しいご飯もついているところが多く、こんなに快適ならもっと早くから使っていればよかった。ただ、以前の僕は基本的に「海外に来てまで日本人と絡みたくない」という考えだったので、僕も大人になったということかもしれません。降り立ったのは、首都のメキシコシティ。地下鉄は30円くらいで激安なのですが、日本並みに混んでいて、しかも、出る人が先とか、そういうルールが徹底されていないので、カオスです。僕らは電車を待っていましたが、二度も乗り損なうという事態。日本のようにドアが開く場所が事前にわからないので、電車が止まるとドアの周辺に一気に人が流れ込む形式で、待っている場所が悪いと乗れません。

メキシコは想像以上に、英語が通じず、バスチケットの販売所の人や、インフォメーションセンターの人でも英語が話せない人もいて、本当にびっくり。でもスペイン語を覚えるモチベーションは高まる一方です。


埼玉を出発


テオティワカン遺跡


サボテン天国


車窓から

世界のベンチシリーズ

中央広場へ

人口密集都市

本を選ぶ女性

バスは7ペソ(42円くらい)

 メキシコに来て、1週間が過ぎました。メキシコシティーからオアハカへ、現在はサンクリストバルという街に来ています。