2018年6月4日月曜日

メキシコシティでタコスしてます。

 

 時差ボケでうまく眠れず、明け方から散歩、帰って来て昼寝をして、また散歩。夜は屋台のタコスと、一本60円のビールを堪能しています。彼女の勧めで、「日本人宿」と呼ばれる日本人オーナーのペンションに連日泊まらせてもらっているのですが、そのリラックス感がすごいですね。宿に帰る度に、帰国したくらいの勢いの安心感があります。美味しいご飯もついているところが多く、こんなに快適ならもっと早くから使っていればよかった。ただ、以前の僕は基本的に「海外に来てまで日本人と絡みたくない」という考えだったので、僕も大人になったということかもしれません。降り立ったのは、首都のメキシコシティ。地下鉄は30円くらいで激安なのですが、日本並みに混んでいて、しかも、出る人が先とか、そういうルールが徹底されていないので、カオスです。僕らは電車を待っていましたが、二度も乗り損なうという事態。日本のようにドアが開く場所が事前にわからないので、電車が止まるとドアの周辺に一気に人が流れ込む形式で、待っている場所が悪いと乗れません。

メキシコは想像以上に、英語が通じず、バスチケットの販売所の人や、インフォメーションセンターの人でも英語が話せない人もいて、本当にびっくり。でもスペイン語を覚えるモチベーションは高まる一方です。


埼玉を出発


テオティワカン遺跡


サボテン天国


車窓から

世界のベンチシリーズ

中央広場へ

人口密集都市

本を選ぶ女性

バスは7ペソ(42円くらい)

 メキシコに来て、1週間が過ぎました。メキシコシティーからオアハカへ、現在はサンクリストバルという街に来ています。